好きな事を仕事にするのは、素敵な事です。
好きだからこそ、大変な事でも努力をし続ける事が出来ます。
そのため美容やオシャレが大好きで、将来はネイリストになりたいと考えている女性も多いでしょう。

ですが、職業としてネイリストを選択するのであれば、好きだから以外にも適性について考えなければいけません。
ではどのような人がネイリストとして、適性があると言えるのでしょうか?

まず好奇心が旺盛で、流行に敏感である事が重要です。
いくらオシャレが好きでも、個性的でお客さんから受け入れられないオシャレでは、ネイリストとして難しいでしょう。

ネイリストとは、「こんなふうに自分もなりたい」とお客さんの憧れの対象でなければいけません。
そしてただ、流行に振り回されるのではなく、自分の個性を残しつつ、流行を取り入れる事でオシャレに見せる事が出来る人が適性であると言えます。

オシャレをする時に、ネイルだけ気合を入れてファッションやヘアメイクは関心がない。
そんな人は、トータルコーディネイトとして、ネイルが浮いてしまいますよね。
そのためファッションが好きで、ヘアメイクも好きで、ネイルも大好きである必要があります。

またオシャレ以外の流行に関しても、ネイリストは敏感でなければいけません。
なぜかというと、ネイルの施術で1~2時間、お客さんと対面し接客を行う為です。
そのため「昨日放送されたドラマに出ていた俳優の○○くんが~」「コンビニの新商品のチョコレートが~」と会話のキャッチボールが必要です。

ただネイルの施術をする事が仕事ではなく、ネイル施術の時間を楽しく過ごしてもらう事も仕事の一環です。
そのためコミュニケーションスキルの高さも、ネイリストの適正の1つだと言えます。

ネイルの施術に関しては、練習次第で技術は向上します。
しかし手先が器用な人と、手先が不器用な人が同じ練習量だとすれば、圧倒的に手先が器用な人の方が技術力は上達します。

また集中力が長く続く人と、集中力がすぐに途切れてしまう人とでは、前者の方が技術力は上達するでしょう。
つまりネイリストの適正として、ネイリストの素質が備わっている科どうかも重要です。

いくら施術が丁寧で技術力が高くても、おっとりとマイペースな人はネイリストの適正として難しいと言えます。
ただでさえ、細かいデザインの場合、2時間近くネイルの施術がかかる事があります。

それ以上長時間になってしまうと、施術側だけでなく、施術を受けるお客さん側も疲れてしまいます。
そのため効率よく作業する事が出来、仕上がりがキレイにネイル施術が出来る人において適性がある人です。

ネイリストとしてリピート率が高い人は、実はネイルの施術の高さよりも、その人の人間性が重要視される傾向があるようです。
なので、ネイルの知識や技術を磨くだけでなく、自分磨きも行う必要があると言えます。

  • Posted on 31. 3月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA