もしあなたが現在、全く別の仕事についていて、ネイリストに転職したいと考えているとしましょう。
ネイルスクールでは、多様な受講コースが用意されているので、働きながらでも資格を取得する事が可能です。
ではネイルスクールの受講コースについて紹介します。

まずネイルスクールを大きく3つに分類すると「全日制」「単位制」「通信講座」に分けられます。
「全日制」は、平日に日中に集中して講義や実習を学ぶ事が出来、専門学校をイメージすると分かりやすいでしょう。
数年通い、しっかり知識と技術を学び、資格を取得する事が出来ます。

スクールによっては、カリキュラムが終了した時点で、ネイル検定3級は免除となります。
直接講師から指導してもらえるので、技術習得しやすく、また同じコースで学ぶ仲間がいる事で、刺激になったり、励まし合ったりする事が出来ます。

ですが「全日制」の場合は、フルタイムで働いている人が通う事は難しく、またスクールに通うお金が100万円程度と高額です。

「単位制」は、空いた時間に好きな科目を選んで自分のペースで通う事が出来ます。
仕事終わりに1~2時間受講し、必要な科目を必要な回数受講していけば、資格を取得する事が可能です。
少人数制で指導してもらえるので、集中して学ぶ事が出来ます。

また苦手なジャンルは回数を多く受講し、苦手克服するという通い方も可能です。
ただし1日に学べる時間数が少ないので、全日制と比べると資格を取得するまでに、時間がかかってしまいます。

1番手軽に始められるのは「通信講座」です。
受けたい講座を選択すると、教材をメインにネイルの勉強をし、課題を提出していきます。

自宅で空いた時間に勉強する事が出来るので、自分のペースで学べます。
スクールに通うよりも、コストを抑える事が出来るというメリットもあります。
ただ、テキストで勉強し直接講師に指導してもらえる訳ではありません。

実技でつまずいてしまうと、なかなか解決する事が出来ないなど、伸び悩みがあるかもしれません。
ネイルを趣味で学びたいという場合は、通信講座でも十分だと言えます。
しかしネイリストとして転職したいと真剣に考えている場合は、全日制か単位制でネイルスクールに通う事をオススメします。

あとネイリストになるために、資格の取得はもちろんですが、ネイルスクールによって、就職支援や独立支援の体制が異なります。
そのため就職の事まで踏まえた上で、ネイルスクールを選ぶようにしましょう。

他業種からネイリストに転職したいと考えている場合、若い子と比べて就職活動が不利になると感じる人もいるかもしれません。
ですがビジネスマナーやビジネススキルも、ネイリストとして役立てる事は十分に可能です。

  • Posted on 27. 3月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA