ネイリストに憧れて、ネイルスクールに通い資格を取得する事が出来たのに、
実際にネイルサロンで働くと、イメージと全然違っていた。
実はそんな人も多いかもしれません。イメージが違いから離職してしまう人も、決して少なくありません。

ではどのような点がイメージと違うのでしょうか?
まずネイリストは、オシャレで華やかな業界であり、手に職があるので安定した仕事だと思っているかもしれません。

確かにネイルサロンは、お客さんにリラックスしてもらうため、インテリアなどに拘り高級感がある空間です。
そしてそこで働くネイリストもオシャレでキレイな人ばかりです。

ですがネイリスト自身がオシャレでキレイにしておく事も、仕事の一環です。
なぜならダサい人やオシャレでない人に、ネイル施術をして欲しいと思わないからです。
なので、見た目はオシャレで、華やかな業界に見えても、実際は体育会系だったりします。

とにかく知識や技術を身に着けるため、1日仕事で働いた後に、練習を行う必要があります。
あとネイリストは、体力的にも大変な仕事です。
一応座り仕事ですが、デスクワークではありません。

爪を削る、ジェルネイルを落とすなど、力を使う作業も多く、また細かなデザインには集中力も必要です。
また人間関係も女性ばかりの職場で、上下関係が厳しいと言えます。
そのため体力的にも精神的にもタフな女性でなければ、生き残る事が出来ないと言えるでしょう。

そして知識と技術を身に着ける専門職ですが、黙々と作業をすればいいという訳ではありません。
いくら仕上がりが丁寧でキレイでも、ネイル施術中の1~2時間、黙々とネイルの施術を行われたらお客さんは気づまりです。

そのためお客さんと楽しく会話をしながら、会話をしても手は止めずに効率よく作業を行う必要があります。
初対面のお客さんと1~2時間も会話を楽しめるような高いコミュニケーションスキルが問われる仕事です。

他にも待遇面で、イメージと違うと感じる人もいるかもしれません。
ネイリストになるためには、ネイルスクールで1~2年勉強したという人も多いでしょう。
授業料も年間で100万円近くかかっているはずです。

それにネイル施術の練習をするのに、教材費も多くかかってしまいます。
しかしながらネイリストは、店長クラスや独立開業した人は別ですが、初任給は18万円前後と決して高くはありません。
むしろ練習時間に残業代が発生する事がないので、拘束時間が長いのに、全然稼げない仕事だと言えます。

そのためキャリアアップを目指して、高収入になるためには、いろいろ苦労がある事、イメージとは違う事をよく理解しておきましょう。

  • Posted on 17. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA