ネイルの資格は、いろんな種類がありますが、最難関と呼ばれる資格は「ネイル検定1級」です。
ネイル検定2級の資格を取得出来れば、ネイルサロンでネイリストとして働く事は可能でしょう。
ですが、最難関の資格を取得する事で知識や技術力があると、証明する事が出来ます。

そして転職や独立の際にも、資格を取得している事は有利に働くはずです。
ではネイル検定1級の資格について紹介します。

まずネイル検定の1級の合格率は、30~40%と言われています。
ネイルサロンでネイリストとして働いている人が受験して、
この合格率ですから難しい事が分かります。検定は春と秋の2回、
受験のチャンスがあり、受験条件はネイル検定2級を取得している事です。

試験内容は、実技試験と筆記試験に分けられていて、実技試験が150分、マークシートの筆記試験が40分となっています。
つまりネイル検定は、実技重視の試験だと言えます。

実技の試験内容は、片手5本にアクリルスカルプチュアを施術。
片手2本にチップオーバーレイ、片手1本にプレスオンチップ&ミックスメディアアートを施術します。

気になる採点基準ですが、チェックされる項目は以下の通りです。
「スタイリング」で、全てが同じ長さ、厚み、Cカーブになっているかどうか、
1本の仕上がりではなく、5本揃えた仕上がりのバランスが重要です。

「チップの状態」は、チップに空気が入っていないか、他とカットスタイルが統一しているかどうかがチェックされます。
「表面」は、凹凸や段差がなく、ハイシャインになっていなければいけません。

そして「アート」は、毎回テーマの図化が変わります。
そのためどのようなテーマでも、デザイン出来る事と、デザインには3カラー以上含むように練習を積んでおきましょう。
プレスオンチップの状態やベースカラーの塗布も審査対象になるので、気を抜かず丁寧に仕上げていきましょう。

筆記試験は、爪の構造や爪の病気について、消毒管理やアクリルスカルプチュアの手順等を聞かれます。
マークシートなので、ネイル検定1級のテキストを使って勉強しておくと、
それほど難解ではありません。そのため試験対策は、実技重視で遅くとも3ヶ月前から試験対策の練習をしておく事をオススメします。

あとネイル施術を行うモデルも事前に選んでおきましょう。
モデルの爪自体は、長さを伸ばしておく必要はありません。
ですが直前にモデルをお願いするのではなく、ネイル検定を受験すると決めたら、
モデルも早めに決めておき、定期的にケアする事が合格率を高めます。

角質がついていると、チップの装着がしづらいですし。爪の大きさと形もネイルの施術がしやすい人としにくい人が存在します。
また緊張して手汗をかいてしまうタイプの人だと、フォームやチップの装着がしづらいので要注意です。

  • Posted on 12. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA