もし大学であれば、大学入学後に将来の夢が変わり、学部や学科を変えたい、大学自体を編入したいと考える人はいます。
ですがネイルスクールのように、ネイリストになりたいという夢が明確で、
1~2年と集中的に学ぶ専門学校の場合は、編入出来ないと思っている人も多いでしょう。

確かに大学と比べると編入を希望する人の数は、少ないかもしれません。
ですが理由があり編入を希望する人も存在しています。
では、ネイルスクールで編入を希望する原因について、いくつか紹介します。

まずネイルスクールの雰囲気や先生が合わないと悩んでいる人もいます。
もちろん、学校選びの段階である程度雰囲気や先生について、調べておく事が望ましいと言えます。
ですが実際に入学して、講義を受けてみないと分からない事も多々あるでしょう。

例えばネイリストとしての技術が高くても、必ずしも教え上手とは限りません。
そのため講義が分かりづらいと感じているのであれば、通う曜日を変更し講義の選択を変える事が可能かどうか、相談してみましょう。

無理な場合は、未受講分の返金が可能かどうかも一緒に聞いて見て下さい。
また通信講座などの独学で知識や技術を習得しようとしたけれど、想像以上に難しかったので全日制のネイルスクールに編入したい。

そんな人も少なくありません。
その場合は、通信講座で何を学んで何を学んでいないのか、道具や教材などをそのまま使用する事は可能か確認してみましょう。
確認を行う事で、特別コースや裏メニューを組んで、効率よく講義を受ける事が出来るかもしれません。

その他の理由としては、引っ越しで物理的に通えなくなってしまう場合もあります。
ネイルスクール自体は、全国に存在しています。
全国展開している大手スクールであれば、引っ越し先の系列のスクールに転校する事が出来るかもしれません。

ですが引っ越し先に系列のスクールがない場合は、編入の旨を学校側に伝えましょう。
差額や教材費、卒業の期限が伸びるのかどうか、条件次第で新しい学校を選ぶ事をオススメします。

それに学校によって習得できる資格の種類に違いがあります。
初心者から学べるコースもあれば、もっと本格的にスキルアップのために編集を考えている人もいます。

ネイルスクールの編入の難しさは、講義内容や単位の数え方が統一されていない事です。
そのためAという学校で、10単位を取得していても、Bという学校で10単位として加算された状態からのスタートとはなりません。

出来るだけ重複しないように講義を選択したとしても、編集する事で余計なお金や時間がかかってしまう事は事実です。
だからこそ、編集せずに1つのネイルスクールで、自分の求める知識や技術が学べるように目標を明確にし、最初の学校選びを慎重に行いましょう。

  • Posted on 8. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA