ネイリストに憧れて、ネイルスクールに通い資格を取得する事が出来たのに、
実際にネイルサロンで働くと、イメージと全然違っていた。
実はそんな人も多いかもしれません。イメージが違いから離職してしまう人も、決して少なくありません。

ではどのような点がイメージと違うのでしょうか?
まずネイリストは、オシャレで華やかな業界であり、手に職があるので安定した仕事だと思っているかもしれません。

確かにネイルサロンは、お客さんにリラックスしてもらうため、インテリアなどに拘り高級感がある空間です。
そしてそこで働くネイリストもオシャレでキレイな人ばかりです。

ですがネイリスト自身がオシャレでキレイにしておく事も、仕事の一環です。
なぜならダサい人やオシャレでない人に、ネイル施術をして欲しいと思わないからです。
なので、見た目はオシャレで、華やかな業界に見えても、実際は体育会系だったりします。

とにかく知識や技術を身に着けるため、1日仕事で働いた後に、練習を行う必要があります。
あとネイリストは、体力的にも大変な仕事です。
一応座り仕事ですが、デスクワークではありません。

爪を削る、ジェルネイルを落とすなど、力を使う作業も多く、また細かなデザインには集中力も必要です。
また人間関係も女性ばかりの職場で、上下関係が厳しいと言えます。
そのため体力的にも精神的にもタフな女性でなければ、生き残る事が出来ないと言えるでしょう。

そして知識と技術を身に着ける専門職ですが、黙々と作業をすればいいという訳ではありません。
いくら仕上がりが丁寧でキレイでも、ネイル施術中の1~2時間、黙々とネイルの施術を行われたらお客さんは気づまりです。

そのためお客さんと楽しく会話をしながら、会話をしても手は止めずに効率よく作業を行う必要があります。
初対面のお客さんと1~2時間も会話を楽しめるような高いコミュニケーションスキルが問われる仕事です。

他にも待遇面で、イメージと違うと感じる人もいるかもしれません。
ネイリストになるためには、ネイルスクールで1~2年勉強したという人も多いでしょう。
授業料も年間で100万円近くかかっているはずです。

それにネイル施術の練習をするのに、教材費も多くかかってしまいます。
しかしながらネイリストは、店長クラスや独立開業した人は別ですが、初任給は18万円前後と決して高くはありません。
むしろ練習時間に残業代が発生する事がないので、拘束時間が長いのに、全然稼げない仕事だと言えます。

そのためキャリアアップを目指して、高収入になるためには、いろいろ苦労がある事、イメージとは違う事をよく理解しておきましょう。

  • Posted on 17. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

ネイルの資格は、いろんな種類がありますが、最難関と呼ばれる資格は「ネイル検定1級」です。
ネイル検定2級の資格を取得出来れば、ネイルサロンでネイリストとして働く事は可能でしょう。
ですが、最難関の資格を取得する事で知識や技術力があると、証明する事が出来ます。

そして転職や独立の際にも、資格を取得している事は有利に働くはずです。
ではネイル検定1級の資格について紹介します。

まずネイル検定の1級の合格率は、30~40%と言われています。
ネイルサロンでネイリストとして働いている人が受験して、
この合格率ですから難しい事が分かります。検定は春と秋の2回、
受験のチャンスがあり、受験条件はネイル検定2級を取得している事です。

試験内容は、実技試験と筆記試験に分けられていて、実技試験が150分、マークシートの筆記試験が40分となっています。
つまりネイル検定は、実技重視の試験だと言えます。

実技の試験内容は、片手5本にアクリルスカルプチュアを施術。
片手2本にチップオーバーレイ、片手1本にプレスオンチップ&ミックスメディアアートを施術します。

気になる採点基準ですが、チェックされる項目は以下の通りです。
「スタイリング」で、全てが同じ長さ、厚み、Cカーブになっているかどうか、
1本の仕上がりではなく、5本揃えた仕上がりのバランスが重要です。

「チップの状態」は、チップに空気が入っていないか、他とカットスタイルが統一しているかどうかがチェックされます。
「表面」は、凹凸や段差がなく、ハイシャインになっていなければいけません。

そして「アート」は、毎回テーマの図化が変わります。
そのためどのようなテーマでも、デザイン出来る事と、デザインには3カラー以上含むように練習を積んでおきましょう。
プレスオンチップの状態やベースカラーの塗布も審査対象になるので、気を抜かず丁寧に仕上げていきましょう。

筆記試験は、爪の構造や爪の病気について、消毒管理やアクリルスカルプチュアの手順等を聞かれます。
マークシートなので、ネイル検定1級のテキストを使って勉強しておくと、
それほど難解ではありません。そのため試験対策は、実技重視で遅くとも3ヶ月前から試験対策の練習をしておく事をオススメします。

あとネイル施術を行うモデルも事前に選んでおきましょう。
モデルの爪自体は、長さを伸ばしておく必要はありません。
ですが直前にモデルをお願いするのではなく、ネイル検定を受験すると決めたら、
モデルも早めに決めておき、定期的にケアする事が合格率を高めます。

角質がついていると、チップの装着がしづらいですし。爪の大きさと形もネイルの施術がしやすい人としにくい人が存在します。
また緊張して手汗をかいてしまうタイプの人だと、フォームやチップの装着がしづらいので要注意です。

  • Posted on 12. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

もし大学であれば、大学入学後に将来の夢が変わり、学部や学科を変えたい、大学自体を編入したいと考える人はいます。
ですがネイルスクールのように、ネイリストになりたいという夢が明確で、
1~2年と集中的に学ぶ専門学校の場合は、編入出来ないと思っている人も多いでしょう。

確かに大学と比べると編入を希望する人の数は、少ないかもしれません。
ですが理由があり編入を希望する人も存在しています。
では、ネイルスクールで編入を希望する原因について、いくつか紹介します。

まずネイルスクールの雰囲気や先生が合わないと悩んでいる人もいます。
もちろん、学校選びの段階である程度雰囲気や先生について、調べておく事が望ましいと言えます。
ですが実際に入学して、講義を受けてみないと分からない事も多々あるでしょう。

例えばネイリストとしての技術が高くても、必ずしも教え上手とは限りません。
そのため講義が分かりづらいと感じているのであれば、通う曜日を変更し講義の選択を変える事が可能かどうか、相談してみましょう。

無理な場合は、未受講分の返金が可能かどうかも一緒に聞いて見て下さい。
また通信講座などの独学で知識や技術を習得しようとしたけれど、想像以上に難しかったので全日制のネイルスクールに編入したい。

そんな人も少なくありません。
その場合は、通信講座で何を学んで何を学んでいないのか、道具や教材などをそのまま使用する事は可能か確認してみましょう。
確認を行う事で、特別コースや裏メニューを組んで、効率よく講義を受ける事が出来るかもしれません。

その他の理由としては、引っ越しで物理的に通えなくなってしまう場合もあります。
ネイルスクール自体は、全国に存在しています。
全国展開している大手スクールであれば、引っ越し先の系列のスクールに転校する事が出来るかもしれません。

ですが引っ越し先に系列のスクールがない場合は、編入の旨を学校側に伝えましょう。
差額や教材費、卒業の期限が伸びるのかどうか、条件次第で新しい学校を選ぶ事をオススメします。

それに学校によって習得できる資格の種類に違いがあります。
初心者から学べるコースもあれば、もっと本格的にスキルアップのために編集を考えている人もいます。

ネイルスクールの編入の難しさは、講義内容や単位の数え方が統一されていない事です。
そのためAという学校で、10単位を取得していても、Bという学校で10単位として加算された状態からのスタートとはなりません。

出来るだけ重複しないように講義を選択したとしても、編集する事で余計なお金や時間がかかってしまう事は事実です。
だからこそ、編集せずに1つのネイルスクールで、自分の求める知識や技術が学べるように目標を明確にし、最初の学校選びを慎重に行いましょう。

  • Posted on 8. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

ネイリストになるために、ネイルスクールに通い、資格を取得し、就職したらゴールという訳ではありません。
就職した後も、日々練習し技術を磨いていく必要があります。
そして技術習得のために、活用して欲しいのが、ネイリスト専門のセミナーです。

ではどのようなセミナーが開催されているのか、紹介します。
ネイルスクールやNPO法人、企業などがネイリストの育成のために、セミナーを開催しています。
ネイルスクールの場合は、検定試験のためのセミナーがメインで、ネイルスクールの生徒ではなくてもセミナーに参加する事が可能です。
検定試験の対策や、模擬試験、実技演習を行ってくれて、講師に直接技術を教えてもらえます。
なので、独学で勉強するよりも、セミナーに参加する事で、合格率が高まるでしょう。
やはりネイリストとして、働きながら資格の取得を目指す場合、なかなか試験勉強のための時間が確保出来ません。
そのためセミナーなどを活用し、効率よく学べる方法がオススメです。

またサロンや化粧品メーカーが主催するセミナーも人気があります。
試験対策のセミナーと内容が異なり、こちらは流行のデザインや接客対応などを講義してもらえます。
新商品の特徴や使い方のコツ、オススメのデザインなど、即仕事に活かせる内容ばかりです。

そのため仕事終わりにネイルサロンで黙々と、個人で練習するよりも、積極的にセミナーに参加していきましょう。

トップネイリストのデモンストレーションのセミナーもあります。
高度な技術や抜群のセンスを間近で見る事が出来るチャンスだと言えるでしょう。

そしてネイルサロンで店長クラスや将来独立を考えている人は、経営セミナーにも参加して下さい。
集客の方法や売上アップの方法、ネット広告の戦略や、リピーターを獲得する方法など盛りだくさんの内容です。

ネイリストはネイルの施術さえ得意であればいいという訳ではありません。
独立ともなれば、経営者となる訳ですから、経営者として成功出来るように、積極的にセミナーに参加し人脈づくりも重要です。
ネイリストとして働くときに参考になる記事→ ネイリスト志望なら要チェック!後悔しないネイルサロン求人の選び方

ネイリストのセミナーと一言でいっても、その内容は多岐にわたります。
そのため自分が学びたい事を明確にし、資格の取得、ネイル技術の向上、経営者としての成長を目指して日々努力する事が大切です。

またセミナーには、頑張っているネイリストがたくさん参加するため、モチベーションのアップや刺激にもつながります。
それらは全て日々の仕事の中で活かす事が出来るでしょう。
ただし、セミナーの開催は都心部で集中している事が多いので、地方在住の人はライブ型WEBセミナーなどをチェックしてみましょう。

  • Posted on 3. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

好きな事を仕事にするのは、素敵な事です。
好きだからこそ、大変な事でも努力をし続ける事が出来ます。
そのため美容やオシャレが大好きで、将来はネイリストになりたいと考えている女性も多いでしょう。

ですが、職業としてネイリストを選択するのであれば、好きだから以外にも適性について考えなければいけません。
ではどのような人がネイリストとして、適性があると言えるのでしょうか?

まず好奇心が旺盛で、流行に敏感である事が重要です。
いくらオシャレが好きでも、個性的でお客さんから受け入れられないオシャレでは、ネイリストとして難しいでしょう。

ネイリストとは、「こんなふうに自分もなりたい」とお客さんの憧れの対象でなければいけません。
そしてただ、流行に振り回されるのではなく、自分の個性を残しつつ、流行を取り入れる事でオシャレに見せる事が出来る人が適性であると言えます。

オシャレをする時に、ネイルだけ気合を入れてファッションやヘアメイクは関心がない。
そんな人は、トータルコーディネイトとして、ネイルが浮いてしまいますよね。
そのためファッションが好きで、ヘアメイクも好きで、ネイルも大好きである必要があります。

またオシャレ以外の流行に関しても、ネイリストは敏感でなければいけません。
なぜかというと、ネイルの施術で1~2時間、お客さんと対面し接客を行う為です。
そのため「昨日放送されたドラマに出ていた俳優の○○くんが~」「コンビニの新商品のチョコレートが~」と会話のキャッチボールが必要です。

ただネイルの施術をする事が仕事ではなく、ネイル施術の時間を楽しく過ごしてもらう事も仕事の一環です。
そのためコミュニケーションスキルの高さも、ネイリストの適正の1つだと言えます。

ネイルの施術に関しては、練習次第で技術は向上します。
しかし手先が器用な人と、手先が不器用な人が同じ練習量だとすれば、圧倒的に手先が器用な人の方が技術力は上達します。

また集中力が長く続く人と、集中力がすぐに途切れてしまう人とでは、前者の方が技術力は上達するでしょう。
つまりネイリストの適正として、ネイリストの素質が備わっている科どうかも重要です。

いくら施術が丁寧で技術力が高くても、おっとりとマイペースな人はネイリストの適正として難しいと言えます。
ただでさえ、細かいデザインの場合、2時間近くネイルの施術がかかる事があります。

それ以上長時間になってしまうと、施術側だけでなく、施術を受けるお客さん側も疲れてしまいます。
そのため効率よく作業する事が出来、仕上がりがキレイにネイル施術が出来る人において適性がある人です。

ネイリストとしてリピート率が高い人は、実はネイルの施術の高さよりも、その人の人間性が重要視される傾向があるようです。
なので、ネイルの知識や技術を磨くだけでなく、自分磨きも行う必要があると言えます。

  • Posted on 31. 3月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

もしあなたが現在、全く別の仕事についていて、ネイリストに転職したいと考えているとしましょう。
ネイルスクールでは、多様な受講コースが用意されているので、働きながらでも資格を取得する事が可能です。
ではネイルスクールの受講コースについて紹介します。

まずネイルスクールを大きく3つに分類すると「全日制」「単位制」「通信講座」に分けられます。
「全日制」は、平日に日中に集中して講義や実習を学ぶ事が出来、専門学校をイメージすると分かりやすいでしょう。
数年通い、しっかり知識と技術を学び、資格を取得する事が出来ます。

スクールによっては、カリキュラムが終了した時点で、ネイル検定3級は免除となります。
直接講師から指導してもらえるので、技術習得しやすく、また同じコースで学ぶ仲間がいる事で、刺激になったり、励まし合ったりする事が出来ます。

ですが「全日制」の場合は、フルタイムで働いている人が通う事は難しく、またスクールに通うお金が100万円程度と高額です。

「単位制」は、空いた時間に好きな科目を選んで自分のペースで通う事が出来ます。
仕事終わりに1~2時間受講し、必要な科目を必要な回数受講していけば、資格を取得する事が可能です。
少人数制で指導してもらえるので、集中して学ぶ事が出来ます。

また苦手なジャンルは回数を多く受講し、苦手克服するという通い方も可能です。
ただし1日に学べる時間数が少ないので、全日制と比べると資格を取得するまでに、時間がかかってしまいます。

1番手軽に始められるのは「通信講座」です。
受けたい講座を選択すると、教材をメインにネイルの勉強をし、課題を提出していきます。

自宅で空いた時間に勉強する事が出来るので、自分のペースで学べます。
スクールに通うよりも、コストを抑える事が出来るというメリットもあります。
ただ、テキストで勉強し直接講師に指導してもらえる訳ではありません。

実技でつまずいてしまうと、なかなか解決する事が出来ないなど、伸び悩みがあるかもしれません。
ネイルを趣味で学びたいという場合は、通信講座でも十分だと言えます。
しかしネイリストとして転職したいと真剣に考えている場合は、全日制か単位制でネイルスクールに通う事をオススメします。

あとネイリストになるために、資格の取得はもちろんですが、ネイルスクールによって、就職支援や独立支援の体制が異なります。
そのため就職の事まで踏まえた上で、ネイルスクールを選ぶようにしましょう。

他業種からネイリストに転職したいと考えている場合、若い子と比べて就職活動が不利になると感じる人もいるかもしれません。
ですがビジネスマナーやビジネススキルも、ネイリストとして役立てる事は十分に可能です。

  • Posted on 27. 3月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment